studio nagisaはあなたのキレイな姿勢と健康を応援します ストレッチポール®を活用して、キレイな姿勢で、いつまでも楽に過ごせる身体を手にしましょう

ポールの選び方

  • HOME »
  • ポールの選び方

初めてストレッチポールを買う方、初めて使う方等は

どのストレッチポールが自分に合っているのか?

どのポールを買えばよいのか?

と悩む方も多いと思います

ストレッチポールは株式会社LPN

 

そこで、このページでは

『あなたに合ったポールの選び方』

をご紹介させていただきます

 

 

1、ポールの特徴

 

●まずはポールの違いについて説明させていただきます

 

ストレッチポール に対する画像結果

 

正規品のストレッチポールは3種類あります

ポールにより、固さや、高さ、安定感等が違ってきます

それぞれの特徴を見ていきましょう

 

 

・ストレッチポールEX 

ストレッチポールは株式会社LPN

固さ★★★ 高さ★★★(12cm)安定性★☆☆

 

・ストレッチポールMX

ストレッチポールは株式会社LPN

固さ★★☆ 高さ★★☆(12cm)安定性★★☆

 

 

ストレッチポールハーフカット

ストレッチポールは株式会社LPN

固さ★★★ 高さ★☆☆(7.5cm)安定性★★★

 

 

 

2、ポール選の選び方

●特にポールの選択をしっかりしておいた方が良い方は以下の方になります

①初心者の方(体幹が弱い方など)

②高齢者の方

③小柄な方(特に慎重155cm以下の方)

④円柱形のポールだと不安定な方

⑤肩や腰に違和感のある方

 

↑の方はEXよりはMXハーフカットがお勧めです

 

特に①、②、④の方

転がるポールだと不安定なのでハーフカットがお勧めです

 

 

③の小柄な方は腕の長さや柔軟性にもよって違ってきます

小柄でも腕が長く、肩甲骨周り、胸周りなどが柔らかい場合はMXでも大丈夫だと思います

柔軟性や、腕の長さに自身のない方はハーフポールがお勧めです

 

 

⑤の肩や腰に違和感のある方は、身体が固まっている可能性があるので

あまり大きなポールだと胸や肩周りにつっぱり感が出てしまうかもしれません

お腹周りが弱くなっていて腰に違和感などがある場合もあるので

その場合は小さいポールをおすすめします

MXは素材も軟かいのであたりもソフトです

身体がすごく固まっている場合や、

腰周りの違和感が強く、心配な場合はハーフカットをおすすめします

 

 

・それ以外の方

どこかでいつも使っていて、慣れている方などはEXでもOKです

高さや、固さでMXやハーフカットでは物足りない方にはEXがお勧めです

お好みで決めていただいて大丈夫です

 

 

大は小を兼ねる

ではなく

ストレッチポールは

小さいほうが安心して使うことができるので

不安な場合や、ご家族みんなで使う場合などは小さめを用意すると良いかもしれません

 

 

3、まとめ

ご自分に合ったポールを使うことで

より安心して脱力することができ、より良い効果を引き出すことができます

 

小さいポールを使うことのデメリットは特にありません

どんな方でも脱力がしやすいかと思います

 

大きいポールだとデメリットもありますが

慣れてくると気持ちよく使うことができます

 

好みもあるかと思いますので、このページは参考までにお使いください

(ちなみに私はその時によって使い分けをしています)

お気軽にお問い合わせください TEL 011-303-0000

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

ショッピングカート

商品名 数量
カートが空です。
5月 2017
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2017年5月1日 2017年5月2日 2017年5月3日 2017年5月4日 2017年5月5日 2017年5月6日 2017年5月7日
2017年5月8日 2017年5月9日 2017年5月10日 2017年5月11日 2017年5月12日 2017年5月13日 2017年5月14日
2017年5月15日 2017年5月16日 2017年5月17日 2017年5月18日 2017年5月19日 2017年5月20日 2017年5月21日

カテゴリー: General10:00 AM: [北海道]リアライメントスリー

10:00 AM: [北海道]リアライメントスリー
2017年5月22日 2017年5月23日 2017年5月24日 2017年5月25日 2017年5月26日 2017年5月27日 2017年5月28日
2017年5月29日 2017年5月30日 2017年5月31日 2017年6月1日 2017年6月2日 2017年6月3日 2017年6月4日

セミナー内容

PAGETOP