おはようございます

LPN正規代理店≪studio nagisa≫

テクニカルアドバイザーの東堂です

テクニカルアドバイザー東堂渚

 

ストレッチポール®でのエクササイズを効果的に行うための

3つの原理原則について書いていきます

ストレッチポールは株式会社LPN

 

 

今日は①【セーフティ】についてです

 

 

まずは安全が第一です

安全に行うためには、安定できる場所などで行いましょう

 

 

安定していることで、安心して脱力することができますね

いかに『力が抜けるか』『脱力できるか』が

効果を左右する大事なポイントになります

 

 

体幹が弱い方などは、円柱形のポールだと

安定せずに、ゆらゆらするので

余計なところに力が入ってしまったりと

安心してできないかもしれません

 

もし、円柱形のポールを買ってしまったけど

安定しないので乗りにくい、動きにくいなどという場合は

ポールが動かなくなるように

両サイドにタオルやクッションなどを置いて固定してみてくださいね

 

体幹が強化されてくると無くても問題なくなります

ぐらついてリラックスできない場合は固定して行ってみましょう

 

といった具合に、

自分に合ったポールで行うこと

というのが大事です

ポールに乗った時

・肘が床に楽に付いているか

・安定しているか

・痛みなどは無いか

などを確認してみましょう

 

(腕が突っ張る、ぐらつく、腰が痛いなどの場合はもう少し小さいポールがお勧めです)

 

もし、ポールが合っていない場合でも

身体が柔らかくなってくると

問題なく使える場合も多いです

 
 
・ポールの選択
もし、次誰かにプレゼントで購入する際は

ホームページの

【ポールの選び方】を参考にしてみてくださいね

 

 

・ポールに乗る際、降りる際

落ちることがないように気をつけてゆっくりと背骨をのせていきましょう

降りる際も、ゆっくりとお尻から順に横にずれながら、滑り降りるようにおりましょう

 

・使用時間

乗るだけでも気持ちが良くて、ずっと乗って居たいストレッチポールですが

連続しての使用時間は15分以内にしてくださいね

 

なぜなら

ストレッチポールに乗ることで、骨盤などの関節がゆるみます

ゆるむことによって整う効果が出ますが

ずっと緩みっぱなしでは、逆に身体に負担もかけてしまいます

ポールから降り、一度身体を起こすことで

腰回りを安定させる筋肉も働きます

繰り返し乗るのはOKですが

連続して長い時間乗り続けないように注意しましょう

気持ちがいからとそのまま寝てしまわないようにご注意くださいね

あとは、ご自分の腰回りの調子などを見ながら行ってくださいね

 

 

今日はセーフティについてでした

次回は原理原則の2つ目、

ポジショニングについてお伝えさせていただきますね

 

次の投稿が気になる方は是非ストレッチポールNAVI(メール講座にご登録ください)↓↓↓クリック

ストレッチポールNAVI(ストレッチポールナビ)メール講座